toeicの勉強法としてシャドーイング

toeicの勉強法はあるのでしょうか。
攻略というよりも勉強法と言った方が良いでしょうね。
toeicで高スコアを取っている人たちがいます。

そういう人たちは、多かれ少なかれ自分なりの勉強法を持っているようです。
toeic勉強法で多くの人が挙げていることがあります。
それは、シャドーイングです。

聞いた英語をそのまま口に出してみるという、方法ですね。
実にシンプルな英語の勉強法になります。
toeicのみならず英会話の基本の練習方法ですね。

このシャドーイングですが、やったことのない人は
その効果を疑問視するでしょうね。

toeicで振るわない人、または英語がまったく苦手いう人にほど、
シャドーイングは効果がありますね。
toeicで大切な聞き取りは英語がダメな人にとっては本当に苦手なものです。

ところが、人間の耳とは不思議なものなんですね。
ある程度早口でも知っている事柄なら聞き取れるようになっているんです。
シャドーイングで英語の発音だけでも身についていると有利です。

とりあえず聞き取ることだけはできるようになります。
これだけではtoeicで高スコアを取ることは難しいでしょう。
第一歩ともいえる勉強法ですね。

意味を知るのは聞き取れるようになってからでOKです。
シャドーイング以外のtoeic勉強法は、とにかく英語に慣れ親しむことです。

○洋画を見る
○洋楽を聞く
○英語のブログに英語でコメントする

多くの人がさまざまな英語の勉強法を持っていますね。
それらでtoeicに望んでいます。
英会話スクールに通ったり問題集に向かうことも大切になります。

しかし、お金をかけずとも身近で気軽にできる
英語の勉強法はたくさんあります。

 

 

TOEIC

日商ビジネス英語検定試験の内容

 

日商ビジネス英語検定試験をご存じでしょうか。
日商ビジネス英語検定試験は、日本商工会議所が主催しています。

英語のビジネス文書の作成、及び海外取引に関する実務的な文書作成能力を
評価する検定試験になっています。
IT化が進み、インターネットの普及も広がりをみせています。

海外とのビジネスの連絡は、かつての電話でのやりとりが主でしたね。
今は電子メールへと移行されています。
電子メールであれば、相手が海外でも距離や時差を気にする必要がありません。

連絡が取り合えますね。
しかし、電子メールの場合、細かいニュアンス等が相手に伝わりにくいことがあります。
それで、分かりやすい正確なビジネス文章を作成する能力が必要となります。

また、当然、マナーを身につけておく事もビジネスの場でありますから必要ですね。
日商ビジネス英語検定試験は、英語の文章によって自分が
伝えようとしている事を相手に分かりやすいか。

英文を正確に書く事が出来る能力があるかどうか
を検定する試験となっています。
試験問題は、具体的な場面設定に基づいて出題されています。

ビジネスで求められる実践的な英語力を身につける必要があります。
資格取得後は、貿易会社や海外とビジネス取引を行っている
商社などに就職する人が多いようです。

また、外資系企業等では、専門的なビジネス英語を使う事が
出来る人材の需要が増加しています。
ですから、この資格を取得しておけば就職に有利に働くことも予想できます。

ただ、知名度としてはあまり高くない試験ですね。
そのため、TOEICで高得点を狙う、英検を取得しておく事も
平行してやっていると就職にも効果的になります。