実用英語技能検定とTOEICの比較

 

英検というのは略称ですね。
正式名称は実用英語技能検定といいます。
「書くこと」「話すこと」「聞くこと」「読むこと」の英語能力を測るものですね。

英検は、中学や高校でも学校が試験会場として実施しているところも多いですね。
ですから、名前を聞いたり、受験したりした人は多いかと思います。
英検には全部で7つの等級があります。

○1級・・・大学英語の上級レベル
○準1級・・・大学英語の中級レベル
○2級・・・高校卒業レベルの英語能力
○準2級・・・高校英語の中級レベル
○3級・・・中学卒業レベルの英語能力
○4級・・・中学英語の中級レベル
○5級・・・中学英語の初級レベル

5級と4級はマークシート方式の筆記試験とリスニングテストがあります。
それ以上の級になると、スピーチもレベルに応じて加わります。
3級以上から英語検定の4つの必要項目すべての試験が適用されていきます。

大学入試や就職で、
英検の資格がある程度有利になることもあるようです。
基本的には一般的な企業での就職では有利になるということはなさそうです。

特に、輸出入に関わる仕事や外資系の職場など、
英会話能力が必要な可能性が高い職場がありますね。
そこでは、むしろTOEICの資格の方が有利とされる傾向が年々高くなっているようです。

もちろん、資格はあるに越したことはないと思います。
もし、あなたが英語系の資格を生かした職業への就職を希望するなら、
実用英語技能検定よりもTOEICを受験した方が良いでしょうね。

しかし、英検資格がある程度の評価を受ける級もあります。
それは、主に2級以上と言われていますね。