英語力向上のために英語を読むこと

英語力向上のために英語を読むという行為は、かかせませんね。
そのためには、とにかく量を読むことですね。
多読ということです。

英語を読む力があがると話す力にも反映されてきます。
スキマ時間をみつけて積極的に英語を読んでいきましょう。
英語はインターネットの世界でもほとんど共通語になっている状態ですね。

英語の読み書きができれば、一気に世界が広がります。
多くの情報も獲得できます。
また、英語力向上には、自分の興味のある分野の英語の新聞や
雑誌を読んでみるのも方法ですね。

銀行員や株式投資などに興味があるならば金融関係のテーマが良いでしょう。
エンジニアならば技術や産業関係の記事に興味がわくでしょうね。
なんでもかまいません。

自分にとって苦にならない興味のある分野の英語を読む習慣をつけましょう。
たくさんの英語を読めば、入ってくる情報量も増えていきます。
それが、語彙を増やしたり英語の構文をおぼえることにもつながりますね。

これは英語でコミュニケーションをおこなうときでも、大事な点ですね。
さらに、聞くことと、たくさん読むことをあわせておこなうと良いでしょう。
耳だけでなく目からも英語が入ってくるせいか、英語が頭によく定着するようです。

目からの情報だけより、耳からの情報をともなっているほうが、
生きた英語として定着していくのでしょうね。