日商ビジネス英語検定試験の内容

 

日商ビジネス英語検定試験をご存じでしょうか。
日商ビジネス英語検定試験は、日本商工会議所が主催しています。

英語のビジネス文書の作成、及び海外取引に関する実務的な文書作成能力を
評価する検定試験になっています。
IT化が進み、インターネットの普及も広がりをみせています。

海外とのビジネスの連絡は、かつての電話でのやりとりが主でしたね。
今は電子メールへと移行されています。
電子メールであれば、相手が海外でも距離や時差を気にする必要がありません。

連絡が取り合えますね。
しかし、電子メールの場合、細かいニュアンス等が相手に伝わりにくいことがあります。
それで、分かりやすい正確なビジネス文章を作成する能力が必要となります。

また、当然、マナーを身につけておく事もビジネスの場でありますから必要ですね。
日商ビジネス英語検定試験は、英語の文章によって自分が
伝えようとしている事を相手に分かりやすいか。

英文を正確に書く事が出来る能力があるかどうか
を検定する試験となっています。
試験問題は、具体的な場面設定に基づいて出題されています。

ビジネスで求められる実践的な英語力を身につける必要があります。
資格取得後は、貿易会社や海外とビジネス取引を行っている
商社などに就職する人が多いようです。

また、外資系企業等では、専門的なビジネス英語を使う事が
出来る人材の需要が増加しています。
ですから、この資格を取得しておけば就職に有利に働くことも予想できます。

ただ、知名度としてはあまり高くない試験ですね。
そのため、TOEICで高得点を狙う、英検を取得しておく事も
平行してやっていると就職にも効果的になります。