英語の英文法の重要性は

日本人はなかなか英語が上達しないといわれていますね。
それはなぜでしょうか。
その理由を考えてみました。

そのの一つとして、英文法ばかり学校では勉強しているから上達しないんだ、
ということがあるようです。
英語を話すのには確かにあまり実用的ではないですね。

だからと言って、英文法が必要無いということでもありません。
ただ単に簡単な挨拶をしたり、相づちをうつだけで満足な英語なら、
英文法は必要不可欠ですね。

多少、文法が間違っていたとしても、大丈夫です。
実際の会話では通じることだってあります。
英文法は、自分の意思や言いたいことを相手に正確に伝えたいと思っているならば、
とても重要になってきます。

リスニングやライティングの時を想像してみましょう。
耳や目に入ってきた単語はそんなに難しくないですね。
発音が聞き取れたり、わかっていたとしても、
文章全体の意味がわからなくては意味がないですね。

それが英文法の力を身につけることによって、その単語の羅列から
意味を理解することができるのですね。
さらに、自分が理解している単語だけを並べて相手に言いたいことを伝えることも可能です。

ある程度文法力を英語の学習の初期の段階で、身につけていれば、その後の学習は安心ですね。
文法力を活かして効率よく勉強することができますね。
総合的に英語力をアップさせたいですね。

そのためには、文法は必要になってきます。
基本的な文法のルールをまずは、勉強しましょう。
最低限のルールを頭に入れておきましょう。

細かいルールや難しいルールは勉強しながら自然に身につけることができるでしょう。

文法