英語の発音が上手くなるためには、どうすればよいか

英語で大事なのは発音ですね。
発音によって待った宅違う意味になることもあります。
英語の発音は、いくら発音方法を本で読んで頭で理解しても、
そのとおりにできるものではありません。

ネイティブ並みに発音する為には、どうすれば良いのでしょうか。
そのためには、まず口の運動能力がとても大切になります。
例えば、英語を発音する際には、日本語の発音時よりも遥かに
口を上下左右に大きく開けたりします。

舌を上顎につけたり、舌の両側を上顎につけます。
英語の発音では、日本語の発音とは、全く使用しない口の形をする必要がありますね。
ですから、まず、口の中の筋肉と舌の動きの訓練を英語の発音がうまくなる為にします。

それから、発音する音に応じた定位置になるように口を大きく開けたりします。
そして口の中で舌を移動させたりすれば良いのです。
その為にも、口と舌のストレッチは発音が定着するまでは欠かさずに練習しましょう。

口のストレッチの際には、鏡を利用しましょう。
自分の口の動きを客観的に見ながら練習できるからですね。
鏡を見れば、自分が必要な大きさまで口を開いているのかどうかがわかります。

舌の動きがどうなっているのかが良くわかると思います。
あなたの口が英語の口に矯正するのが先ですね。
それができたら、次は単語の発音練習します。

単語の発音練習が終わったら、短文の発音練習をします。
最後に、長文の発音練習ですね。
このように少しずつ段階を経てステップを踏んで練習していく事が上達の道ですね。

最終的にはきれいな英語の発音をマスターする事ができるでしょう。
最初は面倒だと感じると思います。
しかし、ネイティブ並みの発音を手に入れる為には必要なことですね。
母音の一つ一つの発音から英語の子音等の練習を実践してみましょう。

 

英語の学習を続ける意欲を持ち続けるにはどうすれば良いのでしょうか

英語をたのしめたら勉強も苦痛でなくなりますね。
英語を使うということは、英語をたのしむともいえるでしょう。
海外旅行もたのしいですね。

留学や外国人との大恋愛もステキです。
外国人を招いてハーティーをしたい。
そういった目的をもって英語を学ぶのも良いと思いと思います。

このような目的で英語を使うっていうことであれば、
学ぶこともたのしくなれるでしょうね。
受験の英語はテストにパスをするという目的があります。

それで、たのしくはなかったかもしれませんね。
海外旅行で現地の方と英語をつかって会話をたのしんでいる
自分の姿をイメージしましょう。

外国人との大ロマンスの展開を、ひょっとしたら国際結婚という想像?
そういうことにもなってしまうかも知れませんね。
語学の習得で一番大変なことは、学習意欲の維持だといわれています。

とくに語学の習得には継続するしか方法がありませんね。
英語を使うことの目的、英語を楽しむ気持ちが強い人であればあるほど
英語の学習を続けることができると思います。

こういったモチベーション維持のためには、
同じ目的をもった仲間をつくる方法も有効な手段だと思います。
英語の習得で挫折する原因は、孤独と退屈ですね。

一人で勉強するのがつまらないからなんですね。
ですからぜひ仲間をつくりましょう。
たとえば、公民館などではサークルが開催されていますね。

そこで英語の学習サークルがないか、調べてみるのも良いでしょう。
ほかにも英語学習系のサイトがインターネット上には多数ありますね。
そこでのオフ会や掲示板で仲間をつのるなども良いと思いますね。

英会話の同志で集まったりすることは実にたのしいでしょう。
こういう姿勢で英会話に取り組んでいると、
知らず知らずのうちに自分の生活範囲が広がっていきます。

英語の経験も多くなってきます。
自宅で英語を学ぶときにはなにかしらの教材を使用することがあるでしょう。
自分が楽しめる内容のレッスンなり教材を選ぶことが鍵になります。

自分の興味にあわせることですね。
そうすれば英語を純粋にたのしむことができます。
自分に合った教材や方法とは、自主的にやっていてたのしいものです。

長続きのするものですね。
やっていてつまらなかったり義務感を感じる英語の教材は止めておきましょう。
受験やテストのためではないのであれば英語はたのしむために学びましょう。

他にも良く考えてみると年配の人たちか英語を習得した時代には、
教材には恵まれていなかったでしょう。
今は、音声や映像をともなった教材が豊富に出まわっています。

かなりかぎられた教材を使って学習するしかなかったのにもかかわらず
あそこまで英語を操ることができていますね。
現在では多くの英語の教材がでまわっています。

英語をものにするためには、継続です。
強い目的意識をもっている人が英語を操習得することができます。
それはなによりも英語をたのしんだ人だからこそ続けることができるのでしょう。
英語をたのしみたいものですね。