実用英語技能検定とTOEICの比較

 

英検というのは略称ですね。
正式名称は実用英語技能検定といいます。
「書くこと」「話すこと」「聞くこと」「読むこと」の英語能力を測るものですね。

英検は、中学や高校でも学校が試験会場として実施しているところも多いですね。
ですから、名前を聞いたり、受験したりした人は多いかと思います。
英検には全部で7つの等級があります。

○1級・・・大学英語の上級レベル
○準1級・・・大学英語の中級レベル
○2級・・・高校卒業レベルの英語能力
○準2級・・・高校英語の中級レベル
○3級・・・中学卒業レベルの英語能力
○4級・・・中学英語の中級レベル
○5級・・・中学英語の初級レベル

5級と4級はマークシート方式の筆記試験とリスニングテストがあります。
それ以上の級になると、スピーチもレベルに応じて加わります。
3級以上から英語検定の4つの必要項目すべての試験が適用されていきます。

大学入試や就職で、
英検の資格がある程度有利になることもあるようです。
基本的には一般的な企業での就職では有利になるということはなさそうです。

特に、輸出入に関わる仕事や外資系の職場など、
英会話能力が必要な可能性が高い職場がありますね。
そこでは、むしろTOEICの資格の方が有利とされる傾向が年々高くなっているようです。

もちろん、資格はあるに越したことはないと思います。
もし、あなたが英語系の資格を生かした職業への就職を希望するなら、
実用英語技能検定よりもTOEICを受験した方が良いでしょうね。

しかし、英検資格がある程度の評価を受ける級もあります。
それは、主に2級以上と言われていますね。

 

 

英検

英検の準1級と1級のレベルと内容

英検はというのは略称ですね。正式名は実用英語技能検定試験といいますね。
財団法人 日本英語検定協会が行っている英語の検定試験になります。
受験級は5級から1級まであります。

英検の受験級では、
2級が高校卒業レベルというようになっています。
準1級が大学中級レベル。

1級が大学上級レベルです。
ただ、ここで述べたレベルは一般的な目安です。
現実的には1級・準1級は、大学生でも難しい試験となっています。

英検の1級のレベルの基準は、広く社会的に必要な英語を十分に理解し、
自分の意思を表現できるレベル、です。
また、準1級のレベルの基準は、日常生活や社会生活に必要な英語を理解し、
特に口頭で表現できるレベルです。

合格率がきわめて低いのが英検1級と準1級の試験になります。
合格率は、英検の1級の場合は受験者の10%前後、準1級は12%前後になります。
1級と準1級ともに15%以下といわれています。

英検の1級と準1級の受験では、単語をひたすら暗記したり問題集を解いたりといった
受験勉強的な方法では合格は難しいですね。
英検の1級と準1級は、リーディング、文法、リスニングなどの必要な学習を
バランス良くこなさなければなりません。

また、英検1級と準1級では、これらは語彙テストとも言われるように
日常生活や社会生活に必要な知識も必要になりますね。
英検の試験とともに社会情勢や日常生活小説や日英米の歴史の常識の学習も
必要となるのが英検1級と準1級の受験ですね。

英検の1級と準1級はとても難易度が高い試験です。
英語のライティング、リーディングだけでなく日本語の能力や会話力を要求している資格です。
目指せ、英検の1級と準1級ですね。

英検