toefl ibt(Internet-Based Testing)

英語圏の大学や大学院で勉強しなければならないことがありますね。
そうであるならtoeicではなくtoeflの受験が必要です。
toeflはtoeicと違いますね。

試験の方式が比較的変わりやすいものです。
現在の主流はtoefl ibt(Internet-Based Testing)になっています。
いわゆるコンピュータ版です。

満点は120点ですね。
ただでさえ難しい試験なんです。
ハーバード大学に入るには110点以上が必要だといいます。

普通の試験とさほど変わらないtoeicに比べ、toefl ibtは試験会場からして違います。
受験者は机ではなくパソコンの前に座ります。
マイク付きのヘッドホンを使用ですね。

紙や鉛筆などは最低限用意されています。
私物は一切持ち込みできません。
これだけでもtoeicとはずいぶん違いますね。

toefl ibtはインターネットを通じて目の前のパソコンに
表示される問題を解いていきます。
リーディングやリスニングはマウスでクリックします。

つまり選択式なんです。
般のtoeicにはないスピーキングはマイクに向かって話します。
その音声で評価されます。

日本人が特に苦手とされるのは英語を話すことですね。
それをはっきりと試験にしています。
より実践的に自分の英語力を試すことができるわけなんですね。

2007年には日本の主要都市で、
toefl ibtと同様の形式をとったtoeicスピーキングテストが実施されました。
今後ますます、スピーキングはtoeicの中でも重要な科目となっていくでしょうね。

 

 

 

toefl

toeflとはどういうものでしょうか

 

toeflを発音するときにトーフル、トフル、トッフルといいます。
英語ではTest Of English as a Foreign Languageと表記します。
それを略してtoeflといいますね。

第二言語としての英語のテスト、という意味があります。
英語以外を母国語とする人が英語圏の大学で勉強や
研究を行うためにふさわしいかどうか、
英語力を持っているかどうかを測るためにtoeflがあります。

CIEEはtoeflの日本での窓口です。
大学での勉強や研究では多くの専門用語が使われていますね。
日本語でさえも専門外のことはなにを言っているかわからない言葉があります。

toeflではそれを英語で認識できる力があるかどうかを試すためにあります。
toeicとは違いますね。
toeflではtoeicでは必要のなかった単語や言い回しなどがたくさんでてきます。

高スコアをtoeicで取っていようと、toeflでそのまま通用しないこともあります。
toeicのためにかなり勉強した人でも、
toeflに向けて新たに勉強をしなければなりませんね。

toeflの特徴としてtoeicとは違い、
スコアのはっきりとした有効期限が設けられていますね。
有効期限は2年と短いです。

toeflが必要になるたびに受けなおさなくてはなりません。
toeicと同じように考えないでおきましょう。
toeflはtoeicよりずっと歴史は古いのですね。

常に時代の流れに即して試験方式を変更しています。
toeflを受ける前には、最新の情報を確認しておきたいものですね。

toefl