toefl ibt(Internet-Based Testing)

英語圏の大学や大学院で勉強しなければならないことがありますね。
そうであるならtoeicではなくtoeflの受験が必要です。
toeflはtoeicと違いますね。

試験の方式が比較的変わりやすいものです。
現在の主流はtoefl ibt(Internet-Based Testing)になっています。
いわゆるコンピュータ版です。

満点は120点ですね。
ただでさえ難しい試験なんです。
ハーバード大学に入るには110点以上が必要だといいます。

普通の試験とさほど変わらないtoeicに比べ、toefl ibtは試験会場からして違います。
受験者は机ではなくパソコンの前に座ります。
マイク付きのヘッドホンを使用ですね。

紙や鉛筆などは最低限用意されています。
私物は一切持ち込みできません。
これだけでもtoeicとはずいぶん違いますね。

toefl ibtはインターネットを通じて目の前のパソコンに
表示される問題を解いていきます。
リーディングやリスニングはマウスでクリックします。

つまり選択式なんです。
般のtoeicにはないスピーキングはマイクに向かって話します。
その音声で評価されます。

日本人が特に苦手とされるのは英語を話すことですね。
それをはっきりと試験にしています。
より実践的に自分の英語力を試すことができるわけなんですね。

2007年には日本の主要都市で、
toefl ibtと同様の形式をとったtoeicスピーキングテストが実施されました。
今後ますます、スピーキングはtoeicの中でも重要な科目となっていくでしょうね。

 

 

 

toefl

どうしたら英語の文章を読めるようになるんでしょうか

 

どうしたら英語の文章を読めるようになるんでしょうか。
このような質問がよくありますね。

その答えはたったひとつです。
ただ、ひたすら読みまくることしかありませんね。

大切なのは、自分の興味にしたがって、好きなものを読むことです。
そうすれば、自然と英語の読解力というのがグングンとついてきます。
読んで、読んで、読みまくることですね。

これが、言葉をおぼえ、表現を豊かにしていく唯一の方法だと思います。
このように考えている学者の方も多くいらっしゃいますね。
これは日本語でもあてはまるでしょうね。
読書がとても好きな方とそうでないかたとは表現力の差は
歴然としているようにも感じることがあります。
英語の新聞や雑誌を読んでいて最も困ることは、未知の単語にであうときですね。

これはいちいち辞書を引くべきだとおもいますか?
あなたはどうしていますか?
未知の単語にであったときに対する方法はどうしているのでしょうか。

知らない単語は逐一辞書で調べることや、辞書を引くのは
必要最小限に留めておきましょう。
文脈から判断するようにしていきます。

多くの英語の先生方は前後の文脈から判断しどんな意味をもつのか想像しよう、
と言っています。
その後辞書を引き、自分の想像した答えと比べてみるのが
一番ベストな方法だといいます。

これは自分で一生懸命考えてから単語を調べていけば、
そうでない場合に比べてずっとよく覚えられますね。
このように単語の意味を推測する訓練をくり返していくことは良い方法です。

続けていくとかなりの確率で、単語の意味が当てられるようになってくるでしょうね。
小さい頃に読書をして読めなかった漢字も読書を繰り返しているうちに
自然とわかるようになりますよね。

そういう経験をした方も多いと思います。
ひとつひとつの単語の意味を調べながら一冊の本を一年かけて読むことより、
多少意味がわからないところがあっても想像力を働かせながら
どんどん読んでいくことだと思います。
これが英語を読む力をつける最大のコツだと考えています。

読む