幼児の間に英語も習わせた方が良いのでしょうか

小学校からの英語の授業も5年生・6年生と本格的に始まりましたね。
週に一時間ということです。
親御さんは、幼児の間に英語も習わせた方がいいのかと悩んでいるでしょうね。

そういう方もも多いと思います。
では、幼児の間に英語も習わせた方が良いのでしょうか。
少し、考えてみたいと思います。

早期教育は昔からありました。
まず、英語についても議論されていたようです。
実は、今でも賛否両論があるんですね。

教育学者によっても違うようです。
ですから、正解はないと思います。
ただ一ついえることは、たのしみながら学ぶことが出来れば、
プラス面が多くなるということです。

幼児期の早い段階から楽しみながら英語に親しむことによって、
成長しても英語に対する拒否反応が少なくなります。
また、幼児期は言語習得能力が高いですよね。

ですから、幼児期から耳に英語を慣れさせることによって、
英語の発音も習得しやすくなります。
英語を聞き取る能力も養うことができますね。

ただ、幼児期には、まず母国語である正しい日本語を身につけさせることが
優先だという考え方があります。
正しい日本語の表現もできないうちから、
英語を勉強させることに疑問を持っているのですね。

まずは、日本語の習得に力をいれることが大事だといいます。
一方、子供は吸収するのも早いのですが、忘れるのも早いといいます。
いくら幼児期に英語を習わせても成長するにつれて忘れてしまうだろう
という意見もありますね。

でも、子供の脳は引き出しのようなものです。
習ったことを忘れてしまっていると思っても、
何かの拍子にその引き出しの中から英語の記憶がでてくることもあるようです。

もし、幼児期に英語に親しめるチャンスがあるのでしたら、
それをあたえても良いかもしれません。
英語に対する抵抗感が薄れるかも知らないからですね。
そういうチャンスがあるなら親としても生かしてあげるようにできたら良いですね。