英語の発音が上手くなるためには、どうすればよいか

英語で大事なのは発音ですね。
発音によって待った宅違う意味になることもあります。
英語の発音は、いくら発音方法を本で読んで頭で理解しても、
そのとおりにできるものではありません。

ネイティブ並みに発音する為には、どうすれば良いのでしょうか。
そのためには、まず口の運動能力がとても大切になります。
例えば、英語を発音する際には、日本語の発音時よりも遥かに
口を上下左右に大きく開けたりします。

舌を上顎につけたり、舌の両側を上顎につけます。
英語の発音では、日本語の発音とは、全く使用しない口の形をする必要がありますね。
ですから、まず、口の中の筋肉と舌の動きの訓練を英語の発音がうまくなる為にします。

それから、発音する音に応じた定位置になるように口を大きく開けたりします。
そして口の中で舌を移動させたりすれば良いのです。
その為にも、口と舌のストレッチは発音が定着するまでは欠かさずに練習しましょう。

口のストレッチの際には、鏡を利用しましょう。
自分の口の動きを客観的に見ながら練習できるからですね。
鏡を見れば、自分が必要な大きさまで口を開いているのかどうかがわかります。

舌の動きがどうなっているのかが良くわかると思います。
あなたの口が英語の口に矯正するのが先ですね。
それができたら、次は単語の発音練習します。

単語の発音練習が終わったら、短文の発音練習をします。
最後に、長文の発音練習ですね。
このように少しずつ段階を経てステップを踏んで練習していく事が上達の道ですね。

最終的にはきれいな英語の発音をマスターする事ができるでしょう。
最初は面倒だと感じると思います。
しかし、ネイティブ並みの発音を手に入れる為には必要なことですね。
母音の一つ一つの発音から英語の子音等の練習を実践してみましょう。