英検とTOEICの比較を、クラス別に行ってみると

 

英語検定にはいろいろあります。
その中でも英語検定の2大試験となっているのが英検とTOEICですね。

TOEICは、日常的コミュニケーションおよび
簡単なビジネス業務が行えるかを確認する、
いわば実務的な英語の検定試験ですね。

英検はTOEICからビジネス関係の部分を除いています。
英検は英語独特の言い回しやイディオムを加えて、
より幅広い英語力をみる検定試験になっています。

そこで、英検とTOEICの比較を、クラス別に行ってみましょう。
まず英検とTOEICの比較で英検2級では、
英検2級のレベルはかなり低くいようです。

正確に英語が読めずにブロークンな英語の読み書きしかできなくても
英検2級には合格してしまうこともあるようですね。
TOEICの点数とのばらつきが大きいようです。

次に英検とTOEICの比較で英検が準1級となると、
英検準1級の法がTOEICより難しくなっています。
TOEICでは、スタンダードな言葉しか使いませんね。

英検準1級ではイディオムな使い方も含まれています。
そのため、TOEICで700点レベルでないと英検準1級の合格は難しいようですね。
さらに英検とTOEICの比較で英検1級となると、英検1級の方がかなり難しいです。

英検とTOEICの比較で、TOEICで対象とならないような語彙まで
英検1級では要求されています。
英検1級ではTIMES誌などのカバーが辞書無しで
ほぼ読めるようなレベルが要求されます。

そのためTOEICでは対象とされないような語彙や教養まで要求されています。
TOEICのスコアが900点以上で、英検1級の合格率が70%くらいのようです。

 

TOEIC

英検、TOEIC、TOEFLの三大検定試験

英語の実力を図るモノサシとして検定試験があります。
英語を勉強する上での目標でもあります。
現在国内では三大検定試験があります。

英検、TOEIC、TOEFLが三大検定試験といわれています。
英語力を測る試験でアメリカのETSが開発したテストがTOEICですね。
TOEICは名前に「for international Communivcation」が入っています。

コミュニケーションの英語力を測るものになっています。
TOEFLは、北米の大学への留学希望者対象の英語の測定となっています。
英検は国内の検定ですね。

そのため英語・日本語間の通訳の応力及び翻訳能力に対する部分が含まれます。
このことから、高い語彙力が英検一級では要求されます。
英検の意義と勉強法や試験対策は、
当然これらのことを考慮に入れておきたいものですね。

英検の意義と勉強法や試験対策は、英語と日本語に於ける
通訳や翻訳の能力が求められています。
そのために日本語の勉強も必ず必要となります。

ですから、英検は、日本語にも対応する必要があるために
高校や大学時代に取得する人も多いようです。
TOEIC、TOEFLは、英語としてのコミュニケーション及び
文書や論文対応ができるかが問われるものです。

英検の意義と勉強法、試験対策には日本語の翻訳なども求められますね。
日本語の語彙力も求められることになります。
英検1級試験は、語彙試験だ、といわれる理由がそこにあります。

英検の意義と勉強法、試験対策には日本語の基本などを充分に勉強しましょう。
英検は受けることはいつでもできます。
しかし、学生時代など早い時期に対応することが日本語への対応もあるため、
良い結果となりますね。

 

 

TOEIC