幼児の間に英語も習わせた方が良いのでしょうか

小学校からの英語の授業も5年生・6年生と本格的に始まりましたね。
週に一時間ということです。
親御さんは、幼児の間に英語も習わせた方がいいのかと悩んでいるでしょうね。

そういう方もも多いと思います。
では、幼児の間に英語も習わせた方が良いのでしょうか。
少し、考えてみたいと思います。

早期教育は昔からありました。
まず、英語についても議論されていたようです。
実は、今でも賛否両論があるんですね。

教育学者によっても違うようです。
ですから、正解はないと思います。
ただ一ついえることは、たのしみながら学ぶことが出来れば、
プラス面が多くなるということです。

幼児期の早い段階から楽しみながら英語に親しむことによって、
成長しても英語に対する拒否反応が少なくなります。
また、幼児期は言語習得能力が高いですよね。

ですから、幼児期から耳に英語を慣れさせることによって、
英語の発音も習得しやすくなります。
英語を聞き取る能力も養うことができますね。

ただ、幼児期には、まず母国語である正しい日本語を身につけさせることが
優先だという考え方があります。
正しい日本語の表現もできないうちから、
英語を勉強させることに疑問を持っているのですね。

まずは、日本語の習得に力をいれることが大事だといいます。
一方、子供は吸収するのも早いのですが、忘れるのも早いといいます。
いくら幼児期に英語を習わせても成長するにつれて忘れてしまうだろう
という意見もありますね。

でも、子供の脳は引き出しのようなものです。
習ったことを忘れてしまっていると思っても、
何かの拍子にその引き出しの中から英語の記憶がでてくることもあるようです。

もし、幼児期に英語に親しめるチャンスがあるのでしたら、
それをあたえても良いかもしれません。
英語に対する抵抗感が薄れるかも知らないからですね。
そういうチャンスがあるなら親としても生かしてあげるようにできたら良いですね。

 

 

英語の学習を続ける意欲を持ち続けるにはどうすれば良いのでしょうか

英語をたのしめたら勉強も苦痛でなくなりますね。
英語を使うということは、英語をたのしむともいえるでしょう。
海外旅行もたのしいですね。

留学や外国人との大恋愛もステキです。
外国人を招いてハーティーをしたい。
そういった目的をもって英語を学ぶのも良いと思いと思います。

このような目的で英語を使うっていうことであれば、
学ぶこともたのしくなれるでしょうね。
受験の英語はテストにパスをするという目的があります。

それで、たのしくはなかったかもしれませんね。
海外旅行で現地の方と英語をつかって会話をたのしんでいる
自分の姿をイメージしましょう。

外国人との大ロマンスの展開を、ひょっとしたら国際結婚という想像?
そういうことにもなってしまうかも知れませんね。
語学の習得で一番大変なことは、学習意欲の維持だといわれています。

とくに語学の習得には継続するしか方法がありませんね。
英語を使うことの目的、英語を楽しむ気持ちが強い人であればあるほど
英語の学習を続けることができると思います。

こういったモチベーション維持のためには、
同じ目的をもった仲間をつくる方法も有効な手段だと思います。
英語の習得で挫折する原因は、孤独と退屈ですね。

一人で勉強するのがつまらないからなんですね。
ですからぜひ仲間をつくりましょう。
たとえば、公民館などではサークルが開催されていますね。

そこで英語の学習サークルがないか、調べてみるのも良いでしょう。
ほかにも英語学習系のサイトがインターネット上には多数ありますね。
そこでのオフ会や掲示板で仲間をつのるなども良いと思いますね。

英会話の同志で集まったりすることは実にたのしいでしょう。
こういう姿勢で英会話に取り組んでいると、
知らず知らずのうちに自分の生活範囲が広がっていきます。

英語の経験も多くなってきます。
自宅で英語を学ぶときにはなにかしらの教材を使用することがあるでしょう。
自分が楽しめる内容のレッスンなり教材を選ぶことが鍵になります。

自分の興味にあわせることですね。
そうすれば英語を純粋にたのしむことができます。
自分に合った教材や方法とは、自主的にやっていてたのしいものです。

長続きのするものですね。
やっていてつまらなかったり義務感を感じる英語の教材は止めておきましょう。
受験やテストのためではないのであれば英語はたのしむために学びましょう。

他にも良く考えてみると年配の人たちか英語を習得した時代には、
教材には恵まれていなかったでしょう。
今は、音声や映像をともなった教材が豊富に出まわっています。

かなりかぎられた教材を使って学習するしかなかったのにもかかわらず
あそこまで英語を操ることができていますね。
現在では多くの英語の教材がでまわっています。

英語をものにするためには、継続です。
強い目的意識をもっている人が英語を操習得することができます。
それはなによりも英語をたのしんだ人だからこそ続けることができるのでしょう。
英語をたのしみたいものですね。