toeflとはどういうものでしょうか

 

toeflを発音するときにトーフル、トフル、トッフルといいます。
英語ではTest Of English as a Foreign Languageと表記します。
それを略してtoeflといいますね。

第二言語としての英語のテスト、という意味があります。
英語以外を母国語とする人が英語圏の大学で勉強や
研究を行うためにふさわしいかどうか、
英語力を持っているかどうかを測るためにtoeflがあります。

CIEEはtoeflの日本での窓口です。
大学での勉強や研究では多くの専門用語が使われていますね。
日本語でさえも専門外のことはなにを言っているかわからない言葉があります。

toeflではそれを英語で認識できる力があるかどうかを試すためにあります。
toeicとは違いますね。
toeflではtoeicでは必要のなかった単語や言い回しなどがたくさんでてきます。

高スコアをtoeicで取っていようと、toeflでそのまま通用しないこともあります。
toeicのためにかなり勉強した人でも、
toeflに向けて新たに勉強をしなければなりませんね。

toeflの特徴としてtoeicとは違い、
スコアのはっきりとした有効期限が設けられていますね。
有効期限は2年と短いです。

toeflが必要になるたびに受けなおさなくてはなりません。
toeicと同じように考えないでおきましょう。
toeflはtoeicよりずっと歴史は古いのですね。

常に時代の流れに即して試験方式を変更しています。
toeflを受ける前には、最新の情報を確認しておきたいものですね。

toefl

英検、TOEIC、TOEFLの三大検定試験

英語の実力を図るモノサシとして検定試験があります。
英語を勉強する上での目標でもあります。
現在国内では三大検定試験があります。

英検、TOEIC、TOEFLが三大検定試験といわれています。
英語力を測る試験でアメリカのETSが開発したテストがTOEICですね。
TOEICは名前に「for international Communivcation」が入っています。

コミュニケーションの英語力を測るものになっています。
TOEFLは、北米の大学への留学希望者対象の英語の測定となっています。
英検は国内の検定ですね。

そのため英語・日本語間の通訳の応力及び翻訳能力に対する部分が含まれます。
このことから、高い語彙力が英検一級では要求されます。
英検の意義と勉強法や試験対策は、
当然これらのことを考慮に入れておきたいものですね。

英検の意義と勉強法や試験対策は、英語と日本語に於ける
通訳や翻訳の能力が求められています。
そのために日本語の勉強も必ず必要となります。

ですから、英検は、日本語にも対応する必要があるために
高校や大学時代に取得する人も多いようです。
TOEIC、TOEFLは、英語としてのコミュニケーション及び
文書や論文対応ができるかが問われるものです。

英検の意義と勉強法、試験対策には日本語の翻訳なども求められますね。
日本語の語彙力も求められることになります。
英検1級試験は、語彙試験だ、といわれる理由がそこにあります。

英検の意義と勉強法、試験対策には日本語の基本などを充分に勉強しましょう。
英検は受けることはいつでもできます。
しかし、学生時代など早い時期に対応することが日本語への対応もあるため、
良い結果となりますね。

 

 

TOEIC