toefl ibt(Internet-Based Testing)

英語圏の大学や大学院で勉強しなければならないことがありますね。
そうであるならtoeicではなくtoeflの受験が必要です。
toeflはtoeicと違いますね。

試験の方式が比較的変わりやすいものです。
現在の主流はtoefl ibt(Internet-Based Testing)になっています。
いわゆるコンピュータ版です。

満点は120点ですね。
ただでさえ難しい試験なんです。
ハーバード大学に入るには110点以上が必要だといいます。

普通の試験とさほど変わらないtoeicに比べ、toefl ibtは試験会場からして違います。
受験者は机ではなくパソコンの前に座ります。
マイク付きのヘッドホンを使用ですね。

紙や鉛筆などは最低限用意されています。
私物は一切持ち込みできません。
これだけでもtoeicとはずいぶん違いますね。

toefl ibtはインターネットを通じて目の前のパソコンに
表示される問題を解いていきます。
リーディングやリスニングはマウスでクリックします。

つまり選択式なんです。
般のtoeicにはないスピーキングはマイクに向かって話します。
その音声で評価されます。

日本人が特に苦手とされるのは英語を話すことですね。
それをはっきりと試験にしています。
より実践的に自分の英語力を試すことができるわけなんですね。

2007年には日本の主要都市で、
toefl ibtと同様の形式をとったtoeicスピーキングテストが実施されました。
今後ますます、スピーキングはtoeicの中でも重要な科目となっていくでしょうね。

 

 

 

toefl

英検とTOEICの比較を、クラス別に行ってみると

 

英語検定にはいろいろあります。
その中でも英語検定の2大試験となっているのが英検とTOEICですね。

TOEICは、日常的コミュニケーションおよび
簡単なビジネス業務が行えるかを確認する、
いわば実務的な英語の検定試験ですね。

英検はTOEICからビジネス関係の部分を除いています。
英検は英語独特の言い回しやイディオムを加えて、
より幅広い英語力をみる検定試験になっています。

そこで、英検とTOEICの比較を、クラス別に行ってみましょう。
まず英検とTOEICの比較で英検2級では、
英検2級のレベルはかなり低くいようです。

正確に英語が読めずにブロークンな英語の読み書きしかできなくても
英検2級には合格してしまうこともあるようですね。
TOEICの点数とのばらつきが大きいようです。

次に英検とTOEICの比較で英検が準1級となると、
英検準1級の法がTOEICより難しくなっています。
TOEICでは、スタンダードな言葉しか使いませんね。

英検準1級ではイディオムな使い方も含まれています。
そのため、TOEICで700点レベルでないと英検準1級の合格は難しいようですね。
さらに英検とTOEICの比較で英検1級となると、英検1級の方がかなり難しいです。

英検とTOEICの比較で、TOEICで対象とならないような語彙まで
英検1級では要求されています。
英検1級ではTIMES誌などのカバーが辞書無しで
ほぼ読めるようなレベルが要求されます。

そのためTOEICでは対象とされないような語彙や教養まで要求されています。
TOEICのスコアが900点以上で、英検1級の合格率が70%くらいのようです。

 

TOEIC